家の八百万(やおよろず)

はじめまして、樹(いつき)構造設計のイケイといいます。

これから、一級建築士からの視点で家の様々なことを話題にしていきたいと思います。

不動産投資、間取り(レイアウト)、土地など家に関することならなんでも話題にしていきたいと思います。

まずは少し自己紹介したいと思いますが、これまで工務店、設計事務所、大手ハウスメーカーなどいろんな会社にお世話になって、今は大阪で自分の事務所を立ち上げています。その中から目で見て耳で聞いて体験したこと。また、不動産投資家として融資を受けて運用していますので、税についての知識もあります。去年は住んでいるマンションの理事会会長という役職も経験しました。そのようないろんな視点から見た住まいというものを紹介していきたいと思います。

発行の間隔としては月、水、金の週3本程度を予定しています。

家を建てたい人の参考として、不動産投資の一つの考え方として、これから建築士を目指す若人の指針として、 会話の予備知識として、 あなたの役に立てることができたら幸いです。

今の日本では建築の世界も役割分担がはっきりしてきて意匠(デザイン)担当、構造担当、設備担当、見積り(積算)担当、工事(管理)担当、(工事)監理担当など細分化されています。お医者さんの内科、外科、神経科、脳外科なんかの分類と考えればわかりやすいかもしれません。そのほかに営業担当なんかもあったりして同じ会社でも話の内容によっては出てくる担当者が変わるなんてこともあるかもしれませんね。私は役割としてはその中の構造担当なので話の内容もちょっと難しい話題になるかもしれませんが、できるだけわかりやすく伝えるようにするつもりです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です