構造設計はAIにとって代わられるのか

あなたの仕事は近い将来にはAIにとって代わられるような仕事でしょうか。車の自動運転技術が進むとタクシーとの運転手が不要になるし、銀行や駅の窓口も将来はAIに代わっている可能性があります。電気やガスのメーターの検針もセンサ […]

屋根は葺き替えないで・・

最近の流行りは、昔建てた建物の折版屋根の上からさらに折版を葺いて新しくすることです。日本の法律では屋根や外壁の半分以上をやり替える場合には確認申請を役所に提出して現行法規を満足しないといけないのですが、屋根の重ね葺きはそ […]

積雪荷重が重くなりました。

あなたの今いらっしゃる場所もそうですが、日本では家や建物を建てるときに積雪に対しても安全かどうかを確認しなければなりません。それぞれの市町村ごとにどれだけの積雪があるかどうかが決まっていますので、その積雪深度を元にして建 […]

あなたの家は欠陥品?

すいません、いきなり喧嘩を売っているわけではないのですが全く欠陥がない建物ってないと思ってください。前提として建物は一つとして同じものはないという事実が大事になってきます。電化製品など工場で作るものは流れ作業のように1品 […]

建築構造という仕事

皆さんは「構造設計」と「構造計算」の違いはご存知でしょうか?建築構造を生業としている人でもあまり意識せずに使っている用語なのですが、プライドを持っている人たちの間では大きな違いがあります。 同じような違いで「構造家」と「 […]

耐震診断をするメリット

皆さんは耐震診断という言葉を聞いたことがあるでしょうか。新しく建てる建物はちゃんとした審査を受けて建てるので、現行の法律にのっとっているのですが、古い建物は法律の変化についてきていませんので耐震性能が分からないのです。そ […]

津波に対しての設計方法

皆さんは津波に対してどのようなイメージを持っていらっしゃるでしょうか。東日本大震災での記憶もまだ新しいので、大きな津波は建物そのものを流したり倒したりするほどの大きな力を持っていることはご存知でしょう。 2015年に建築 […]

地盤と地震の揺れとの関係

以前の記事でも触れたのですが、日本の法律の考え方としては過去の地震の頻度を元にしてその地域の地震の強さを設定しています。その地震の強さに耐えるような建物なら建築の許可は下りるのですが、実際はその建物が建っている地盤の状況 […]