構造

構造

鉄骨造の柱脚

鉄骨造でも木造でも土に接する部分(基礎)は鉄筋コンクリート造になっています。鉄や木は湿気に弱く、その弱点を補うために違う材料を使っています。市中に鉄筋コンクリートがない時代は石で柱を受けていましたが、今は鉄筋コンクリートにアンカーボルトと...
構造

木造住宅の現場について

工事現場の話なのですが、木造住宅の工事現場はあまり好きではありません。現場の方は皆さん良い方ばっかりなのですが、どうもガチャガチャした雰囲気があって私には馴染みにくいのです。そこで、今回はこの理由をちょっと考えてみます。今まで漠然としたイ...
構造

小さな戸建て住宅は構造計算不要?

この前同級生から「戸建て住宅は構造計算要らないの?」と聞かれたのですが、一言で答えるのが難しくてなんだか長ったらしい説明になってしまいました。その時にお酒が入っていたので、まぁまぁ相手も真剣には聞いてないだろうという思いもあったのですが、...
構造

風荷重の扱い

ちょっと前までゲリラ豪雨が話題になっていましたが、最近では線状降水帯が頻発して土砂災害がよく起こるようになっています。雨で建物が壊れるという事は無いのですが、雨と同時に風が吹くことも多く、風による建物の被害は今迄からも多くあります。
構造

間知(けんち)積み擁壁の崩落

前回の家が落ちてきたという話の続きなのですが、倒壊した建物の隣の建物は半分地面がない状態でまだ落ちずに残っているのですが、今にも落ちたりしないかと冷や冷やしています。しかも、その中には病気の猫が取り残されているのに、危なっかしくて誰も助...
構造

家が落ちるなんて衝撃的でした。

大阪市西成区で崖の上に建つ建物が倒壊するという事故が発生しました。幸い住民は避難していたらしく怪我人などは居ないという事で少し安心なのですが、映像を見る限りただ事ではない感じです。 映像はこちら 現場はハルカスの近...
構造

最近の木造住宅事情

構造設計業務の進め方というのは一つに限られるわけではありません。最初に想定していたよりも部材が大きかったりして、修正を加える場合もありますし、使い勝手の自由度を下げてもいいから安くしたいという話になるかもしれません。何にせよいろいろとシミ...
構造

建築構造設計の少し変わった仕事

建築の構造の設計をしていると思わぬところでスキルが活きることもあります。風力発電機や太陽光発電機などの架台については現状で専用の法律がないので、建築物の設計方法を用いて安全を確認しています。ということは、建築物の構造設計が出来るとそのよう...
構造

建物の構造計算の流れ

構造設計に触れたことのない人や、これから構造設計士を目指すという人に向けて大雑把に構造計算の流れを紹介したいと思います。大きく分けて許容応力度計算と保有水平耐力計算とに分けることが出来るのですが、基本的に保有水平耐力計算は許容応力度計算を...
構造

地盤調査の種類と分かること

一戸建ての家でも工場でもマンションでも日本では建物を建てる時にその土地の地盤が建物の力を受け止めることが出来るのかどうかも確認申請でチェックします。そのためにはその土地での地盤調査が必要になります。交通が便利な平野部は川の近くにあって三角...
タイトルとURLをコピーしました