NZ(ニュージーランド)の家事情

本日はニュージーランドのオークランドに来ています。ニュージーランド全体で人口が480万人ほどで、その内の160万人ほどがオークランド近郊に住んでいるそうです。大都市というほどの規模ではないですが、ニュージーランドで一番の人口を有するため人口密度も高く、朝晩の通勤ラッシュも結構ひどいらしくて、休みの日には25分くらいの距離を毎朝1時間かけて通っている人もいるくらいとのことでした。

そのほかの町はこれから行くのですが、オークランド中心部にはマンションはあるもののちょっと車で移動するとほとんどの家は2階建て、もう少し車で走るとほとんど平屋建ての家ばっかりでした。

ニュージーランドは北島と南島に大きく分かれており北の方での畜産農家は
主に牛を飼っていて、南島の方の畜産農家は主に羊を飼っているそうです。
北島を見てみましたけど、北海道と違って牛小屋もサイロもなく完全に放牧状態
で乳しぼりの時だけ搾乳小屋に連れてくるそうです。

ほとんどの家の屋根の上には煙突が立っていて、中には暖炉があるんだとわかり
ます。 木造で家の前にちょっとしたデッキバルコニーがあって、休みの日だっ
たのでそこで安楽椅子に座ってゆっくり人もチラホラ居てました。日本の縁側で
日向ぼっこをするおじいちゃんの感覚でしょうか。

とにかくニュージーランドは一軒当たりの土地が広くて空が高く広く感じます。

また、次回も南島を見た感想を書いてみたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です