フラット35が変わります

令和二年四月からフラット35の制度が一部変わるそうです。変更点は大きく三
点ありますが、不動産投資にも関係あったりします。変更内容が反映されるの
は四月一日の申し込み分からで、今までの契約内容が変わるということではな
いそうです。

一つ目が、借り換えの際の返済額算定の仕方が厳格化されます。基本的には
8000万円までの借り入れは可能ですが、年間の合計返済額が年収に応じて35%
か30%の上限が決められていますので、最大限まで借りることができない人も
出てきます。これは、ローンを組む人が破産しないように安全側の配慮で、
バブル経済の元となった不良債権になることを防ぐためでもあります。年間
の合計返済額には教育ローンや自動車ローンも含まれることになりますので、
注意が必要です。四月からは借り換えの際にマイホームを売却する場合、売却
によって元のローンを完済できるならフラット35の年間の合計返済額に入れな
くてもよくなりますが、残債が残れば年間の合計返済額に入れなくてはならず、
借入のできる上限が低くなってしまします。

かずなり777さんによる写真ACからの写真 

二つ目が、セカンドハウスの取得という名目や自分の家兼賃貸アパートという
体裁での借り入れができなくなります。不動産投資だということを隠してフラ
ット35を利用していた人が多くいたらしくて、セカンドハウスについても投資
対象かどうかわからないので、厳格化のために禁止になりました。本当に自分
自身の別荘もしくはセカンドハウスのために利用していた人、もしくは利用し
ようとしている人には迷惑な話ですが、お役所としてはとりあえず禁止するの
が文句も出なくて手っ取り早いのでしょう。公園の遊具についても何か事故が
起こればとりあえず禁止になりますから、周りの人のためにも無茶なことは控
えて、自分だけが良ければいいという精神よりも皆で生活を良くしようとする
方向で行動したいものです。四月からはフラット35で購入した家を人に貸すと
一括返済しないといけなくなりますので、要注意です。

三つ目が借入期間の見直しされます。これも借り換えの人が対象の変更ですが、
元々の住宅ローンを借りていたのに、借り換えでマックスの35年も借りられる
ということではなく今までのローンの年数分は35年から差し引きします。また
は、返済完了時の年齢も80歳が上限となります。今までは、借入期間が15年よ
り短いものは借り換えもできませんでしたが、四月からはそれができるように
なります。

はむぱんさんによる写真ACからの写真 

フラット35は法的機関が関わっているローンなのである程度の品質が確認でき
る物件でないと、ローンを組むことができません。逆を言えば、その担保があ
るからこそ35年間も固定金利でお金を借りることができるのです。今の時代、
情報や知識がなくても損をすることはありませんが、情報や知識がないと得を
することができません。特にお役所の出す情報は自分から取りにいかないと知
ることができないことも多く、得する人は限られた人のみということも多いの
でいろんな方向にアンテナを張っておくことも必要だと思っています。

家のことで気になることがあれば、無料相談に乗りますのでメールしていただ
ければ少しだけお力になれると思います。(間取りを考えてくださいとか設計
業務はできませんのでご了承ください。)

メルマガも発行しています。

気になる方は登録してくださいね!!

メルマガ購読・解除 家の八百万(やおよろず) 購読 解除

読者購読規約 >> バックナンバーpowered by まぐまぐ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です