区分所有マンションの総会に出席してきました

区分所有しているマンションの通常総会に初めて出席してきました。1棟ものの建物だと1人のオーナーの意見が全てですので、自動販売機を設置するのも宅配ボックスを設置するのもオーナーの一存で決定することができますが、区分所有のマンションだと各室のオーナーの意見で多数決を取らないと何も改善できません。

不動産投資をしている人のほとんどはマンションの区分所有から始めるのではないでしょうか。私もスタートは区分所有からでした。しかし、9割以上の区分所有オーナーは買ったあとはほったらかしで総会も出席せず管理会社任せです。私が保有している他の区分所有マンションの総会出席者は0でした。これでは、管理会社の好き勝手されて売却するときに資産価値が下がっているかもしれないとの危機感がありました。

その様な危機感があるときに管理人室にエアコンを設置するとか宅配ボックスを設置するとかのお金のかかる話が議題に上がっていたので、大規模修繕工事が将来ちゃんとできるのかどうか、管理会社はちゃんと建物管理をしてくれているのかというところを確認して、出来ていなければ理事長になってでも建物の資産価値を高めるように方向転換するつもりでした。

総会のスタートは午後8時15分とのことでしたので、8時ちょうどくらいに会場に着くようにしました。ところが、会場である管理会社のビルの1階のオートロックは開かないし、会場は電気もついておらずに真っ暗な状態でしたし、管理会社に電話をしても営業時間外で通じないので、出だしは狐につままれたような気分でした。それでも、1階で退社しようとしている社員さんを捕まえてなんとか担当者を呼んでもらうことが出来ました。その後で、もう一人の出席者である理事長さんが定刻通りに到着されて、出席者は私と理事長さんの二人で総会がスタートしました。

この物件では以前から私と同じ様な考えの方が理事長を務めていてくれて、キチンと管理会社とコミュニケーションを取っていてくれたおかげで前回の大規模修繕もちゃんと終えて、次回の大規模修繕工事に備えて積立金も増えているとのことでした。管理会社の方でも週に3回はキチンと管理人の方が通って掃除などをしっかりしているようでした。ただ、夏の管理人室には熱中症対策のためにもエアコンが必要との事と、ワンルームマンションで独り暮らしの方が多いためどうしても宅配ボックスは要望が多くて、入居者の募集の際にもメリットになるので設置する方向で話が進んでいました。これらの議題は一般的なニーズなので、賛成多数となりました。

当初私が心配していたほどちゃらんぽらんな管理ではなく、理事長がちゃんと考えて建物の価値向上に向けて動いているため、今回の物件の総会では安心することが出来ました。なかなか総会があるとしても平日だと時間の都合が合わないとか、遠方で参加するのが大変とかの理由で参加者がほとんどいないのが実情らしいのですが、いざ売却するときに建物が傷んでいるせいで購入時より安い値段でしか購入者が現れないということがないように管理会社のチェックは改めて大事だと思いました。

家のことで気になることがあれば、無料相談に乗りますのでメールしていただければ少しだけお力になれると思います。(間取りを考えてくださいとか設計業務はできませんのでご了承ください。)

メルマガも発行しています。

気になる方は登録してくださいね!!

メルマガ購読・解除 家の八百万(やおよろず) 購読 解除

読者購読規約 powered by まぐまぐ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です