貯金力を身に付けよう

不動産投資のオーナー、大家さん達は貯金力の高い人が多いです。「貯金力」なんて言葉はありませんが、そのまま貯金をする力のことです。それではあなたの貯金力を上げるにはどうしたらいいのでしょうか。

副業で不動産投資をしているオーナーさんなら大体は不動産投資を始める時にローンを組むと思いますが、そのローンを組んだ銀行の口座から借金を返済するので、その口座に家賃を入れておきます。なので普段使っている銀行とは違う口座にドンドン不動産投資の収益が溜まっていきます。

1.口座を分ける。

これは基本的な事ですが、管理が大変という事で「家計」で使う口座と「貯蓄」用の口座を分けていない人も多いと思います。別に銀行だけに限らず証券会社の口座でも構いません。貯蓄用の口座を作ってその口座で運用益が出ても損が出てもいいので、普段家計で使う口座とは違う口座を作ってそちらからは引き出さないと決めるのです。そして、毎月決まった金額以上をその口座に入れていくのです。

2.財形貯蓄を使う

お勤めの会社に財形貯蓄(勤労者財産形成貯蓄制度)があるならそれを使わない手はありません。毎月給料から天引きで投資してくれるので、自分で積立するよりも確実に積立することができます。毎月同じ商品を同じ金額で購入するのでドルコスト平均法にもなります。これだと長期間積み立てするほどに、積み立てた金額以上のリターンがあるはずです。住宅用の財形貯蓄なら利息や配当金も一定金額まで非課税なので積立金額の増えるスピードもアップして一石二鳥の貯蓄方法です。

3.キャッシュカードを裁断する

多少レトロな方法ですが、今お持ちの銀行のキャッシュカードをハサミで切ってみてください。そうするとどうなるか!通帳と印鑑を持って銀行の窓口が開いている時間にわざわざ行かなくてはならないので、滅多なことでは銀行口座からお金を引き出すことはしなくなります。ただ、少し前までは結構有効な方法だったのですが今ではスマホがあれば○○ペイとかスマホ決済とかクレジットカード払いなど現金ではない支払方法が一般的になっているのでこの方法で貯金が増える人も今は少ないですね。

4.毎月使う金額を決める

先ほども出てきたように今では現金払い以外の支払いが一般的になっていますので自分が今月いくらくらい使っているのか分かっていない人も多いのではないでしょうか。なので、それをみえるように視覚化する必要があります。まずは、お給料を受け取ったら毎月使う金額を決めて銀行から一括で引き出すのです。そして毎日、自分が支払った金額を同じ金額をその封筒から違う封筒に移すだけです。使う事の出来る金額が近づいてくると封筒の中身も少なくなってくるので精神的にも焦ってきてお金を使うときのブレーキになります。

「なかなかお金が貯まらない」とか「すぐに使ってしまう」と言っている人は自分のお金の環境を変えないと貯金力を上げることはできません。人間は弱い生き物ですから何かの強制力がないと無駄遣いしてしまうものなんです。コンビニのATMでキャッシュカードを使ってお金を引き出せるようになって自己破産者が増えたそうです。便利になるとどうしてもそちらに流されていくので、将来なりたい自分を想像しながら厳しめのルールを作ってくださいね。

皆さんも頑張って広告や新聞やニュースの裏を読んでくださいね。

家のことで気になることがあれば、無料相談に乗りますのでメールしていただければ少しだけお力になれると思います。(間取りを考えてくださいとか設計業務はできませんのでご了承ください。)

メルマガも発行しています。

気になる方は登録してくださいね!!

メルマガ購読・解除 家の八百万(やおよろず) 購読 解除

読者購読規約 powered by まぐまぐ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です