新築不動産投資について

家は自分で住んでもいいですし、人に貸してもいいです。人に貸して収入を得るために建物を購入することを不動産投資と言っています。土地がついている場合もあるし土地は購入しない場合もあります。入居者のことを昔は店子と言いました。今は一般的に普通に住む人も含めてテナントと呼んでることが多いと思います。(テナントというと店舗のイメージがありますが・・)入居者が入っていると普通は儲かるはずです。それが、儲からないこともあります。それが、新築不動産です。

電話などで勧誘されたことがある方もいると思いますが、売る業者としては手数料が入ればいいだけなのであまり本当のことを言いません。購入する人はたいていローンを組むので、その返済が生じてきます。家賃と返済額の差が儲けになるわけですが悪質な不動産屋はのちのち資産になるから毎月マイナスになろうとも買った方がいいですよと言って不動産を買ってもらうわけです。

今までネットで新築不動産というワードで検索した人は知ってると思いますが、まず儲かることはありません。建物も人と同じで年を取ります。そうなってくると人気がなくなります。家賃を下げざるを得なくなります。修繕費用もだんだん高くなっていきます。私が持っている一棟建ての不動産も5年目にして早くも階段を大規模修繕しました。錆が出てきてみすぼらしくなったからですが、こんなに早く痛むとは思ってもいませんでした。幸い利益が出ているからよかったものの、赤字なのに修繕しないといけないとなるとまさに泣きっ面に蜂です。なんでも予想外の支出というものはありますので、それでも対処できるという場合のみ購入しましょう。営業マンの口車に乗せらせずに自分でシミュレーションしましょう。始めのうちは買いたい症候群にはまって今を逃したらこんないい物件はもう出てこないという風に思ってしまいます。(私もそうでした)後から冷静に考えたらもっと安く買う方法もあったのですが焦ると誰でも裏事情を考える余裕がなくなります。

新築物件には通常の建物と土地の値段以外に工事費用が上乗せされていると考えるといいでしょう。新築の場合のみ工事業者の手間賃を払う必要があるのです。そう考えて、それでも立地がいいとか駅に近いとかプラスアルファの魅力がある、利益計算が成り立つという場合にのみ購入しましょう。きっと月々の収入が増えると心にゆとりができてあなたの人生に少しだけ選択肢が増えるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です