家にいる時間が長いなら気分を変えて

コロナ禍の前と後では生活が変わったという人も多いのではないでしょうか。テレワークが広く普及して、「巣ごもり」と呼ばれるように家にいる時間が長くなったため、間取りを変えたり、家具を新調したり、Zoomの設定で困ったりという話を聞くようになりました。今回は家にいる時間が長い人向けに気分が変わるような提案があります。

椅子を変えてみる

以前から長時間同じ体勢で座っていても疲れにくいような椅子があります。その名も「ゲーミングチェア」です。名前の通りゲームを長時間する人向けに開発されたのですが、最近では販売数が急激に伸びています。上質な皮を使ったモノや、座面がメッシュになっていて通気性を良くしたものや、腰の角度をサポートするものなど色んなタイプのものが販売されています。中にはほぼフラットになって仮眠できるようなタイプのものまであります。

壁紙を変えてみる

不器用な人でもできるようにという感じの動画も多く出ていますので、一度検索してみてはいかがでしょうか。部屋の壁を全部張り替えるまでしなくても、一部の壁紙だけ張り替えてみてもアクセントとなって雰囲気が変わります。一般的には壁紙は白やアイボリーなどの無難な色が使われていることが多いのですが、緑にしたり赤にしてみるとコントラストがあると、眺めているだけで気分が落ち着いたり、気分が高揚したりするような色彩効果もあります。中にはきれいにはがせるノリもあるので、それなら賃貸の部屋にも張ることができます。

美しく見せるにはコツがあるので、家でのDIYなら以前紹介した牛龍アキラさんのメールマガジンも参考になると思います。

牛龍アキラさんのメルマガ登録はこちら

中食サポートを利用してみる

私も最近知ったのですが、外食でもなく、内食でもなく、調理されたものを買って家で食べることを「中食(なかしょく)」と言います。デリバリーされたピザなども中食に該当するそうですが、最近では○○イートのカバンを背負った自転車も多く見ることから、デリバリーサービスを導入したレストランなども増えているようです。外食するのは気が引けるけど、毎日自炊をしているとメニューがワンパターンになってくる。そんな人の気分転換には中食がもってこいです。

都市部ではマンションの近くまで食材の移動販売が来ることもあるので、そこでいつもは選ばないようなメニューを買ってみるのもいいと思います。以前はビジネス街で売っていたお弁当屋さんの車が、初回の緊急事態宣言を機にマンションと連携してマンションの敷地内で販売するようになったりしていますので、お昼時に近くを散歩してそのような車を見つけるのもいいと思います。

ずっと生活が変わらない人も、会社の都合で家にこもりっきりになった人も、自分で決心して新しい生活を踏み出した人も、自分の環境を見直して気分を変えてみるのはいかがでしょうか。

皆さんも頑張って広告や新聞やニュースの裏を読んでくださいね。

家のことで気になることがあれば、無料相談に乗りますのでメールしていただければ少しだけお力になれると思います。(間取りを考えてくださいとか設計業務はできませんのでご了承ください。)

メルマガも発行しています。

気になる方は登録してくださいね!!

メルマガ購読・解除 家の八百万(やおよろず)

読者購読規約 powered by まぐまぐ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です