玄関ドアを交換したい

昨年、マンションの理事会から大規模修繕委員に任命されたのですが、それからいろいろと大規模修繕について勉強中です。マンションの場合一戸建ての住宅と違って共用部分と専有部分に分かれています。大規模修繕では基本的に共有部分のメンテナンスを行うのですが、排水設備など各住戸に入って行っている設備などはすべての住民の合意がないとやり替えるのが難しいようです。玄関ドアも共有部分と専有部分の境界になっていますから一部だけ取り換えるというわけにいきません。なので、取り換えるとなるとすべての住民の合意がないとできません。

 

玄関のドアを取り換える方法として、前回の会合で三つ紹介してもらいました。

1.シート貼り

一つ目が表面にダイノックシートというものを貼り付けるだけで一番や安価な方法です。どちらか片側でもいいし、両面でもいいのですが手間賃の関係で価格が2倍になるという事はなく両面貼りの方がコストメリットは良いようです。厚めのシートを貼り付けるだけなので工期も短く済みます。

 

2.扉交換法

二つ目が枠はそのままで扉を交換する方法です。枠を残して交換するので枠に錆びや腐食がある場合にはそれを残すことになるので、お勧めはできません。汚れや擦り傷だけならきれいに塗装しなおすだけでもきれいになりますので枠はそのままにして扉を取り換えるのもいいと思います。

 

3.カバー工法

三つ目がカバー工法と言って今ある枠の上に新しい枠をかぶせる工法です。扉も取り換えることになるので玄関ドアがそっくりそのまま新しくなります。そのためコストは一番高額になります。今ある枠の上からひと回り小さい枠をかぶせるので扉のサイズも小さくなります。

ウチのマンションも築36年でいろいろな所にガタが来ていると思います。幸い大きなひび割れや水道水が茶色になるといった致命的な欠陥もなく、退去者が出るとすぐに埋まるような物件で、理事会もマンションの資産価値を向上させようと前向きに今度の大規模修繕に取り組もうとしています。

 

私もこのマンションの一居住者で自分のマンションの資産価値には敏感ですし、建築士免許を持つ人間として修繕委員会に取り組んでいきたいと思っています。ただ、いろんなタイプの住民が住んでいて生活様式もマンションに対する思いも温度差があると思いますので、大規模修繕の成功には他の居住者の方の協力も必要ですから謙虚に説明していきたいとおも増す。

 

 

家のことで気になることがあれば、無料相談に乗りますのでメールしていただければ少しだけお力になれると思います。(間取りを考えてくださいとか設計業務はできませんのでご了承ください。)

メルマガも発行しています。

気になる方は登録してくださいね!!

メルマガ購読・解除 家の八百万(やおよろず) 購読 解除

読者購読規約 >> バックナンバーpowered by まぐまぐ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です