家の買い替えに注意点

通勤時間が多少長くなっても広い家に住みたいという人が増えているそうです。今では、結婚や出産を抑えて、武漢ウィルス(新型コロナウィルス、COVID-19)の影響で在宅勤務が広まってそれをきっかけに自宅を買い換える人が増えたようです。コロナ禍が過ぎても在宅勤務が定着すると予想して、住み替えを検討しているようです。今回は家を売却するときのタイミングや注意点を紹介します。

購入前に売却

今住んでいる家を売却するタイミングが新居を購入する前に売却する場合には、売却代金をもとに新居の購入用資金計画を立てることが出来ます。住宅ローンが残っている方はローンを完済できるのか、新居の住宅ローンをいくら借りれば良いのかという判断ができるのです。ただし、先に売却してしまうと新居が見つかるまでの間の住まいを他に探す必要があります。敷金や礼金がかかって引っ越しも2回分必要になります。

購入後に売却

先に新居を購入して後から今まで住んでいた家を売却する場合、メリットは今の家に住みながら探すので、慌てて失敗する可能性が低くなります。また、売却する場合もリフォームしてから売却することも可能で売却金額を高くすることも出来ます。デメリットとしては住宅ローンが2重になった場合金融機関の審査によっては残債や勤務先、収入などの状況によっては新居のローンが組めなかったり、金利が高くなったりする可能性もあります。

査定してみる

最近ではネットで今住んでいる家がだいたいいくらくらいで売れるのか査定してくれるサイトもあります。ただ、家を売却する意志があるものとして、いろいろな所から問い合わせや電話がかかってくると思います。それにあくまでも不動産売買は個人間の値段交渉が基本なので査定の金額が正しいとは限りません。査定金額で売りに出しても募集が無くて、値段交渉の末に査定金額より大幅に安い金額で売却することになったという話も聞きます。高い査定金額が出てもだれもそれを保障してくれませんので、気長に待つか、色んな不動産業者に依頼するか方法はあるので対策が大事です。

チラシには注意を

私はマンションに住んでいるのですが、よく「このマンションをお探しのお客様が相場より高い値段で探しています」という内容のチラシが入っていますが、そのような業者には決して連絡しないでください。そのチラシは囮(おとり)のことが多くて「専任媒介契約を結んでからでないと購入希望者を案内できません」とか訳の分からない理由で契約させられて、挙句の果てには相場よりも安いお客しか紹介してくれないことがあります。注意点として、簡単に専任媒介契約は結ばないでください。不動産業者は当たり前のように自分の所だけと契約を結ぶように話を進めますが、一般媒介契約としてください。

まとめ

家を買うというのはほとんどの人にとって人生の一大イベントです。後々まで嫌な思いを引きずらないためにも周到な準備が必要です。不慣れな事で言われるがままという人も多いのですが、そのような人が一定数居るので不動産業者の悪さが野放しになっているのかもしれません。

皆さんも頑張って広告や新聞やニュースの裏を読んでくださいね。

家のことで気になることがあれば、無料相談に乗りますのでメールしていただければ少しだけお力になれると思います。(間取りを考えてくださいとか設計業務はできませんのでご了承ください。)

メルマガも発行しています。

気になる方はこちらのメルマガ詳細から登録してくださいね!!

アンケートモニター登録

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です