愛知県が初の人口減

総務省の発表によると、令和2年10月時点での愛知県の人口が1年間で11,750人減少しましたが、愛知県にとっては1956年の調査開始以来初の人口減という事だそうです。東京都や大阪府では今までに人口減になる年があったのですが、愛知県にとって初の人口減だというニュースにビックリしました。

出生数と死亡数の差が11,958人で転入数と転出数の差が208人だったのですが、武漢ウィルス(新型コロナウィルス)の感染防止の影響で企業が人事異動を減らしたのと、経済活動が縮小した影響をもろに受けた形になりました。東京都と愛知県では転出者が転入者よりも多いのですが、同じ期間を見ると大阪府や福岡県は転入者の方が多いので、トヨタを抱えている愛知県や大企業が大東京都は企業の人事異動の影響が大きいのかもしれません。

テレワーク普及の影響で都市部から地方への人の流れが加速していますが、東京都や愛知県はそのダメージが大きいのかもしれません。不動産投資では人口の増減を気にする人が多いので愛知県の物件価格にどのように影響を与えるのか気になるところです。以前の記事にも書いたのですが、産業の流行りによって不動産価格の差が出ることはあるのですが、住宅用の不動産指標というのはあまり大きな動きをしません。にもかかわらず、その住宅用の価格に影響を与えそうな感じがして興味がわいています。

過去の記事はこちら

日本の人口は2009年をピークに年々減少しているのですが、急激に人口が減って住宅を新しく建築しても入居者が決まらない地域があれば、東京都のように人口増とまではいかないまでも減少の幅が少しずつでほぼ横ばいのために古い建物を壊して新しく住宅を建築すれば入居者がすぐに決まる地域もあるので、相続などで地域を選べない人は別として新しく不動産投資を始める人は人口が大きく減少する地域を選ばない方がいいです。

私は今年の緊急事態宣言で多くの人が家で過ごす時間が増えて来年の出生率が増えるかもしれないと考えていたのですが、少し浅はかだったようで、将来の不安の方が勝っているのか妊娠する人の数は普通の年よりも少なかったそうです。十数年前にアメリカで3日間ほど停電(ブラックアウト)が起こった時のことを覚えている人も居るかもしれませんが、その時には妊娠する人の数が増えたそうです。テレビもゲームもできない状況になったら人間ですからすることは限られるのでしょう。

海外旅行するたびに思うのが、日本は以前のような活気がないという事です。ほとんどの国は若年層の人口比率が高いので、その分老人が少なく国全体に活気があるのです。マスコミの影響もあるのでしょうが日本は全体的に悲観になりすぎている気がするのです。日本の未来を明るくするのが、今のあなたたちの使命なのですから頑張ってお金を稼いで笑顔を振りまいてくださいね。

皆さんも頑張って広告や新聞やニュースの裏を読んでくださいね。

家のことで気になることがあれば、無料相談に乗りますのでメールしていただければ少しだけお力になれると思います。(間取りを考えてくださいとか設計業務はできませんのでご了承ください。)

メルマガも発行しています。

気になる方は登録してくださいね!!

メルマガ購読・解除 家の八百万(やおよろず)

読者購読規約 powered by まぐまぐ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です